Unboundedly

統計的因果推論・疫学についてのお話

Target trial emulationの講義資料を公開します

近々トークがあるので作成した資料を公開します(諸事情で今回は英語で作成しました)。 テーマは「Target trial emulation」というもの。 疫学界隈でじわじわ流行り出しているフレームワークで、評価したい因果効果をみるのに理想的なRCT(target trial)をイ…

因果推論における「調整変数の選び方」に関する講義資料を公開しました

先日某所で「調整変数の選び方」というテーマで話をする機会をいただきました。 せっかくなので作った資料を公開します。 回帰分析をするときになにを調整したらよいかわからない・・・ 頑張って調整しても結局未測定交絡があるから結局実験じゃないと・・・…

簡潔で分かりやすい英文を書くためのコツを整理した

職場で開催されていた「英語が母国語の人たちを対象とした英作文のコース」で学んだことを引き続きまとめます。 前回は英語論文を書く上で、どのような戦略で原稿を書き進めればよいかについて整理しました。 具体的には次の3ステップの順に執筆することで…

「簡潔で分かりやすい英語論文の書き方」について整理した

早いもので研究の世界に飛び込んで、論文を書き始めて8年目です。 研究者としてはまだまだペーペーですが、論文執筆にも慣れてきたところです。 ところで突然ですが、この世には読んでいて意味不明な論文が多すぎると思いませんか? 自分の論文のことは棚に…

モデルに基づく因果推論の各種手法をRで実装&結果を比較してみた

因果推論のための分析手法は様々ありますが、回帰モデルを使った主なアプローチのRでの実装方法とその推定結果の比較をします。 モチベーション的な部分は以下をご参照ください。 シミュレーションデータを使って、各手法がどのような(主にモデリングに関す…

時間によって変化する因子(Time-varying Treatment)の効果推定:なぜ必要か?

今回は曝露(Exposure)・治療因子(Treatment)が時間によって変化する時、複数時点での曝露・治療が与える効果を推定するための方法や考え方についてまとめます。 一般に「因果推論」の文脈で扱われるのは、ある一時点で測定された治療因子の効果推定がほとん…

回帰モデルを用いた因果推論のための推定手法について講義資料を公開しました

日本疫学会開催のセミナーで因果推論について60分のショートレクチャーをしました。 講義資料を公開します(本記事の一番下)。 質疑も盛り上がり楽しかったです、参加してくださった方ありがとうございました。 ボストン時間3AM~だったのでなかなかキツかっ…